ピストン千葉の気まぐれ日記

ピストン千葉です。ソープを中心に出会い系サイトや興味のある事をチャレンジしていきたいと思います。宜しくお願い致します。

【渋谷ファッションヘルス】 渋谷平成女学院 も○ちゃん

風俗の業種を広げるべく、次に選んだのはファッションヘルス。デリヘルとは違い、受付けと部屋が一体化しているので、お店によってはデリヘルより安価になる。


1.店に行かなくてもやり取りが出来る!?

2.元◯◯◯◯と…

3.気にいる◯だったが…?

4,ヘルス初体験の総


今回、お邪魔する事になったお店は 

渋谷平成女学院←リンクあり

fc2blog_20160926155313ee8.jpg 

名前からしてソープランド、ハニーコレクションとコンセプトが被ってしまったが、ついつい選んでしまった自分がいた…ドルヲタの名残だ(・_・; 

料金的にも安く30分¥8000~60分¥18000に指名料¥2000プラスしても2万と良心的ではないか。しかし料金だけで選ぶ訳もなく、理由があった。それは

元アイドルが在籍している

事だった。気になるではないか(¬_¬)そして風俗情報サイト、シティヘブンネットで1日3回までメールのやり取りが出来ると言うのである!アドレスを知らないのにある程度やり取り出来る便利な世の中に感謝しつつ、も○ちゃんにメールを送信した。


千葉(以外、千)「こんにちは!アイドル好きで結構LIVE行ってました。どんなグループが好きなんですか?」

も「メールありがとう(^ν^)ハロプロ系が好きで、最近では乃木◯の白◯麻衣ちゃん、欅坂の平◯友梨奈ちゃんが好きなんです(*^o^*)」 

千「えー本当に!?その2人今好きなんだ!結構、話し合いそうですね!遊びに行きたいです!」

も「ありがとうございます☆余りマニアックな話などは分からないですが色々聞いてみたいです♪」

千「いえいえ、自分もメジャーな所しか今見ていないんで大丈夫だよ。」

も「良かった☆ぜひ、お待ちしておりますね。楽しみ(^O^)」


こんなやり取りが1週間位しただろうか。やはり今の時代、アイドルが日記やTwitterを当たり前でやる様にこの業界でも当たり前になって来ている。ただ、女の子からしたら、趣味などの共通点か顧客を獲得するチャンスでもあるからこうやってちゃんと返信してくれる彼女には感心し会いたくなった。しかもかなり話が合いそうだ。

会員ではない自分は当日8時30分からの予約。電話をする。ネットには愛想がないと書かれていたがそんな事もなく、対応良く予約を取ってくれた。お店は4階にあり、階段が非常に急だった。そんな階段を登っている最中、三階から女の子が…しかも制服でテクテク。白いパン◯が丸見えだった…あの子がも○ちゃんか?そんな想像をしつつ入店。直ぐに受付けを済ませる。50分¥14000+指名料¥2000。割引はフリーでの適用らしい。

かなり狭い待合室(笑)で待機。5分ほどしてよばれた。『◯◯番でお待ちのお客様~』壁に貼ってある注意事項を読み、ももちゃんと対面。この時にやはり自分は手を繋いで部屋まで入りたい人。しかしそれはなかった。後、やはりネットの写真とは違う顔だった。別人と言って良い。元アイドルという肩書きがあり、期待以上の期待をしてしまったか。好みのタイプではなかったがホンワカした感じ。


千 「メールありがとう。乃木◯とか欅◯好きで趣味が合う感じで来ました!」

も 「ありがとう~。AK◯は好きじゃないの?」

千 「うん。嫌いじゃないけど興味はなくてね。マイや◯がセンターになったガール◯ルールで好きになって。カップリング曲でかなり惹かれたよ。」

も 「曲イイよね~!私もAK◯より乃木◯系の曲が好きだよ~」 

千 「イイよね!ももちゃんもアイドルだったんでしょ?地下とか?」

も 「うん。少ししかやってなかった。先が無いなぁって。」

千 「うん。俺も何年か前に地下アイドルハマって。大体は消えちゃうよね。良くてもメディアには出れないから知られない。キツイよね。ファンのせいで消えたり」

も 「あーそれあるかも~」


O型の彼女はそんな長くアイドルをやっていなかった。もしかしたらブームに乗ってみたかったかもしれない、そう自分は感じた。そんな会話をしつつ、お互い裸になりタオルで隠し、別室のシャワールームへ。また階段が急でかなり危なかった…掛け声をして鉢合わせ無い様にしているのだが、隣のシャワールームから会話が聞こえる。少し不安になった(笑)ただ、ももちゃんの肌は綺麗で胸も綺麗だった。ちょうどイイ大きさ。体を洗ってもらい、うがいをする。ルームへ戻ると会話。


千 「何かアイドルだった子と、なんて緊張」

 

も「えへへ。恥ずかしい」

千「おっぱ◯触っていい?」 

も「うん…」


彼女に横になってもらい、首筋から責めた。演技だとは分かってももう何回も経験している。綺麗な形おっぱ◯は吸いがいがあり、優しく揉んだ。「うぅ~ん」と言いながら体をクネクネ。如何に本気にさせるか、ヘルスはそれが勝負と聞いた。「ん~ちょっと痛いかも~」夢中になり過ぎてまたやってしまった_| ̄|○ そこから下へ。体は綺麗でくびれもあり、理想な体型。興奮が収まらない。やはり指入れは傷付けたら怖いのでクン◯をした。余り好きとゆう行為では無いし上手くも無いのだがやはりそこは元アイドルの肩書きを持つ彼女。一生懸命舐めさせて貰った。思いの外、腰をビクビクして気持ち良さそうだった。「俺もして欲しい」攻守交代。ただ不安な事がありフェ◯が本当に気持ち良いと感じたのは数回だけ。原因は分からないがイッた事は一回だけ。取り敢えず彼女に身を任せ、立ったアソコをご奉仕してもらう。「ジュルジュル…」最初はかなり興奮&気持ち良く「俺もしたい」69を要求。久しぶりに見た光景に高揚し、エロ全開の自分がいた。「素◯してみる?」彼女からの提案にて初の素◯。もちろん体験したいので承諾をした。ローションを塗り、彼女が上になり、彼女に入ってるんじゃ無いか?とゆう感じになった。彼女は汗をかきながら思いっきり腰を振りながらイかせてくれようとした。自分のアソコと彼女のアソコがローションでダクダクになり「グチャ…グチャ」と音が聞こえた。何ともいたたまれない気持ちになったのだが…

イけない…

イけない。イけなかった。フェ◯の最中も「フェ◯だとイッた事ないんだ」とあらかじめ言ったのだが、どうしようもないコト。一番恐れていた事が起きてしまった。一生懸命汗をかきながら腰を振った彼女。体もかなり好きだったし心の満足は得たがフィニッシュとまではいかなかった。無念

その後の彼女の対応は何か素っ気なかった。勘違いか疲れたか分からないが素っ気なく感じてしまった。こちらもヘコミ、何とかシャワーまでキスを迫ったりしたが何か気持ちが乗らなかった。無言でシャワーを浴びる彼女を見て、胸や体を洗ってあげようとする気持ちは折れていた。最後に軽いキスをねだりサヨウナラ。スタッフの優しさが逆にむなしさを増幅させた。


総評

初のヘルスとだけあって緊張感は半端なかった。素◯時に高揚し、「入れちゃダメ?」と勿論ダメなのは承知で聞いた位、気持ちは満足したのだがフィニッシュまでは達成出来ず。元アイドルとゆう肩書きを自分なりに期待し過ぎて何か空回りしてしまったかもしれない。彼女には「アイドル大好きだしラブラブな感じでお願い」とプレイ前に伝え、最初はかなり気持ちが入り高揚したのだが、後々の彼女は最初見た彼女ではなかった…。いや、それが素だったのかもしれないが・・・・これが最後までイッたら変わっていたかもしれないし、格安ソープを知ったしまった以上、CPを考えて自分はソープを選んでしまうし、気持ちの乗り方も違う。

5点満点

顔:2 写真とは違がかった

テクニック:3 汗をかきながらの素○の光景は凄かった

雰囲気づくり:1 希望通り、もっとラブラブして欲しかった。最初だけ。

気遣い:1 事後シャワー時や脱衣時にはアシストや話が欲しかった

エロさ:3 胸の形はちょうどいい。ずっと吸っていたかった

しかし今の所、今後ヘルスに行く気は無くなったと伝えておこう。

とにかく体は大好きな形だった。

ピストン千葉@twitter

くる天 人気ブログランキング